ミュゼサロンで脱毛中

わたしは、高校生で初めて毛の処理をしました。
全然気にしてなかったけど、周りの友達が剃っていると聞いて剃るべきものなのかと初めて気づきました。

夏場は特に剃るのが多くなってしまって、肌に傷ができたり、カサカサするようになりました。
冬場はなるべく伸ばしてから剃るようにしたらきれいに剃れるし、とてもツルツルになることに気づきたので、試しています。
剃っても黒く残ってしまうワキは今脱毛している途中です。

今夏にむけてワキだけでも脱毛しておきたいなと思いキャンペーンの間に申し込みをして、脱毛しています。
2.3ヶ月に1回のペースでミュゼのサロンに行くのですが、1回の脱毛で毛はほとんどなくなり、次の脱毛が来るころに少し伸びはじめて、脱毛をするので、ワキは一切気にしなくなりました。

最近腕の毛が濃くなってきて、少し悩んでいます。
今まで剃りすぎたのかなと反省しています。
足はスカートを履く日の前にしか剃らないように、スキニーをなるべく履いています。
全身脱毛してみたいです。

浜松にあるミュゼのサロン
>>>ミュゼ イオン浜松

これだけは気をつけたい

人の振りみて我が振りなおせという言葉がありますが、私は電車の中でよく気づかされることがあります。
一つは化粧を車内で始めること。座席に座ってならまだしも、ドアの入り口に座り込んで化粧をしている女性を見てがっかり。

そして夏に半袖が多くなってくると、つり革につかまっていると脇が見えることがありますが脱毛処理を行っていない女性。
かなり見かけます。見たくなくてもつい、目がいってしまうってことあります。

そして短いスカートで足をしっかりと閉じていない女性。向かい側にそういう女性がいると私がハラハラしてしまいます。
私の横の男性たちがチラチラみているのが分かります。

そして友達同士で話をしている声が大きく内容もこちらが恥ずかしくなるような話をしている女性。
聞きたくなくても声が大きいので聞かされている感じすらします。
あわててイヤホンをつけることもしばしば。

これらは意識すれば自分でなんとかできる部類のことですから、たとえば治療が必要だとかそういうことではなく。
女性として気をつけたい、これだけは気をつけたいなと思ってます。

ムダ毛のケアについて

ムダ毛については、過去からの悩みです。
当時は、薄い毛が生えいている程度だったのですけど、カミソリを使用してから毛穴が大きくなったのか、質が濃く太くなったのがコンプレックス化しています。

そこで興味を持ったのが「エステティック」ということです。
もはや自分が10代の頃は、ワックスという簡易な方法のみでした。
実際、ロウを塗ってから貼って剥がす方法でありながらも10回で50,000円という高額な設定だったかと思います。
ちなみに10代ですから、お小遣いで通えるはずがありませんので、すっかりと諦めていました。

今の「エステティック」では、フラッシュという最新型のマシンを使った脱毛が話題になっています。
こちらについては、貼って剥がす方法とまったく異なり、光を当てながら行いますので、スピーディで肌にやさしいのが最大のメリットです。
インターネット上からは、フラッシュ脱毛についてたくさんの情報がありますのでご覧ください。
ミュゼ 新瑞橋

今までに経験した脱毛・ムダ毛処理

今まで人並みに様々な脱毛・ムダ毛処理を行ってきましたが、中学生頃から長年使用していたのがやはり一番お手頃な剃刀です。

一日処理しないだけで短い毛が生えてしまいますので、夏場などは毎日使用しないと気になるほどでした。

 

しかし毎日の処理は大変面倒で、細かい皮が捲れたり乾燥したり、皮膚にも負担がかかっているのが自分でも分かりました。

脇などは、剃っても完璧に綺麗に処理できる事はありませんでした。

 

二十歳過ぎてからは、普段の剃刀での処理に加えて除毛クリームを使用するようになりました。

しかし、クリームを塗ってから少し放置しすぎたりスポンジで擦り過ぎたりするとヒリヒリしてしまい、また処理漏れもありました。

皮膚への負担と、金額的な負担から頻繁には使用できませんでした。

 

Vゾーンにおいては剃刀よりもクリームの方が良かったので、足や腕は主に剃刀を使い、Vゾーンはクリーム、脇はピンセットで抜くようになりました。

剃刀ではどうしても汚かった脇が、少し綺麗になったように思えましたが、一本一本抜くので時間がかかる点と、やはり痛みを感じる点、黒いポツポツが残る点が気になっていました。

足は毎日剃っても下から上へ撫でるとどうしてもチクチクして、つるつるの足に憧れていました。

 

エステでの永久脱毛は高校生の頃から憧れていましたが、金額的になかなか手が出せなかったので、ムダ毛に対しては、長い間かなり悩まされました。

そしてようやく24歳から友人の通っていたエステに通おうと決心しました。一番気になっていた脇、足、腕のコースを予定していたのですが、コース表を見たところ部位が想像以上に細かく分かれており、あれもこれもと付けているうちに、結局全身コースでフラッシュ脱毛を施術してもらう事にしました。

 

計画的に冬、春頃から通い始めれば良かったのですが、突発的に通い始めたので夏真っ盛りの7月からだったので、夏の間、剃刀・ピンセットを使えなかったのは痛手でした。

一年通った頃には当初より大分減り、どうせやるならば少しでも早く始めれば良かったと思いました。

旅行や温泉に行く時に剃刀を持っていかなくて良くなったという点で、脱毛の実感が湧きました。

 

しかし、一年では理想のつるつるな肌を手に入れることが出来なかったので、もう一年通い、もうすぐ初めて通ってから二年が経とうとしています。

もう前ほど頻繁に処理をする事はありませんが、脇やひじ、ひざ等気になるところがあるのでもう一年通おうか迷っています。

完璧に満足のいくまでやるには三年ほどかかる事を知らなかったので、しっかり調べておけば良かったと思いました。

金額的にも、もう少し安くできたら助かるのですが…。

それから、女性は妊娠を経験すると体質が変わったりすると聞きますが、脱毛をしていても妊娠するとまた生えてくるのか、気になっています。

【参考】ミュゼ モラージュ柏

自分の描いた眉に自信がない

「自分の描いた眉に自信がない」という女性は多いですよね。

なのに描き方ひとつでその人の印象をがらりと変えてしまうほど、眉の与える影響は大きいものです。

自然で時代に合った眉なら幸せまで呼び込んでくれること間違いなし。

 

眉は時代を移す鏡。

その時代によって流行も変わっています。

トレンドを意識しないで描くと古臭くなったり、老けて見えたりするので、眉のトレンドは押さえておきたいですね。

今は柔らかく、ソフトな色で太めが決め手です。

 

眉の3ポイントの位置と役割

 

◆顔の中心線を決める眉頭

顔の中心線を決めるポイント。

顔の中心が曲がっていると顔もねじれて見えるので、左右対称にするのが大切。

位置は目頭と鼻筋のほぼ中央にあるのが正解。

 

◆眉山は正面顔と横顔をつくるターニングポイント

顔の正面と横の境目になるのが眉山。

位置は黒目よりにすると正面顔が狭くなって面長に、目尻よりでは顔の横幅が強調され、ふっくらして見えます。

 

◆横顔の奥行きを決めるコツは眉頭より下げない

眉尻は横顔の奥行きを作ってくれるポイントです。

小鼻の脇か上唇の谷から目尻をつないだ延長線上に終点を決めます。

眉頭の位置よりも絶対に下がらないことが決め手。

 

脱毛の痛みが苦手なら

施術の際の痛み、というものをなによりも心配するひとも多いだろうとおもいます。
この痛みについては、かつてにくらべるとかなりすくなくなっているということができるでしょう。

つまりどういうことかというと、フラッシュ脱毛というものが、いまの脱毛サロンの主流になっています。

これによって、だいぶ痛みの程度が軽減されているわけです。
たとえば、クリニックではレーザー脱毛が採用されていることが多いです。
このレーザー脱毛の場合には、フラッシュ脱毛よりも痛みが強いということで知られています。
ですから、やはり痛みが苦手で、というひとには、レーザー脱毛よりもサロンによるフラッシュ脱毛をおすすめしたいとおもいます。

さらに、サロンによってはニードル脱毛を採用しているところもあります。
しかしながら、このニードル脱毛は効果は高いのですが、かなりの痛みをともなう、ということでもしられている脱毛方法になっています。
ですから、やはりフラッシュ脱毛がおすすめです。
参考:ラヴォーグ予約 | ラヴォーグの脱毛予約はこちら
URL:http://www.rmhtoronto.com/

ムダ毛処理はやっぱり手間がかかる!

女性にとって、必ず処理が必要になるのが、ムダ毛です。

今は、永久脱毛をしている人も多くなりましたが、私は、まだ自宅でムダ毛処理をしています。

 

ムダ毛処理をする時は、大抵バスタイムの時間なのですが、とても手間がかかります。

ムダ毛は、数日ですぐ生えてきてしまうので、とてもやっかいです。

 

ですが、やっぱり、女性として、ムダ毛処理をしていないお肌を他人様に見せる事はできないので、こまめに処理をしています。

ツルツルなお肌を長い間キープする事ができたら、嬉しいなと思うのですが、やっぱり自分でムダ毛処理をする場合は、そうもいきません。

 

たまに、ムダ毛処理が面倒になることもあり、サボりたいな~と思うこともしばしばあります。

いつまで、このムダ毛処理をしていけばいいのだろうと思う事もあったりします。

なので、いつかは、エステに通って脱毛をしてみたいです。

脱毛をすれば、ムダ毛処理の手間ともおさらばできますし、露出のある服も安心して着る事ができます。

参考:TBC 店舗
URL:http://www.bhr-virtualtour.com/

性別による「わき」に対する意識の違い

ハッキリ言ってしまえば、女性同士において、他人のわき毛はそれほど気にはなりません。

と、言いますか、他人のわきを凝視することなんてありませんので、多少わき毛が生えていても、気付かないと言えるでしょう。

 

それに、たとえ同性とはいえ、いやむしろ同性だからこそ、他人のわきなんて凝視しませんからね。

なんとなく、「わき」に関しては、見るのを避けてしまいますね。

たとえ、キレイに脱毛してある「わき」だとしても。

 

ですから、女性にしか会わないような日は、多少わき毛の処理が甘くても、なんら問題がないと言えるでしょう。

そりゃあ、わき毛が生え切っている状態でしたら、ハッとするほどに驚くでしょう。

けれども数日、わき毛の処理をおこなわなかったぐらいの「ごま塩」状態でしたら、よほど間近で挙手をし続けられない限りは、処理の甘さなんて気付かないと思うのです。

 

しかし、男性となると話は別です。

女性の「わき」からつながる「二の腕」部分を見るのが好きだという男性もいるほどに、男性にとって女性の「わき」は、気になる部位でもあるのです。

ですから、同性しかいない場所においては、処理が甘くても余裕ですが、異性を意識するような場所では、わき毛はしっかりと処理しておきましょう。

夏前には人気の脱毛サロンでキャンペーンをすることが多いので利用するのも一つの手です。

セルフでムダ毛処理するなら家庭用脱毛器がおすすめ

きれいに脱毛しようと思ったら脱毛サロンへ行かなければ・・・というのはちょっと古いのかもしれませんね。
最近の家庭用脱毛器なんですが、脱毛サロンと比較しても劣らないんですよ。
しかも脱毛サロンへ行くよりも断然金額的にもお得なんです。

それに脱毛サロンだと行きたい時に予約がとれないこともよくありますが、家庭用脱毛器なら自分の時間に合わせてそれこそ早朝でも深夜でもOKというのがいいですよね。
効果が現れるのも脱毛サロンも家庭用脱毛器も同じくらいです。
脱毛したあとにきちんとお肌をケアすれば、ムダ毛のないスベスベ素肌が格安で手に入っちゃいます。

しかも恥ずかしいデリケートゾーンも家庭用脱毛器なら自分でできちゃうので嬉しいですよね。
家庭用脱毛器でオススメなのは脱毛機能と美顔器機能がついているものがお得です。
カートリッジを付け替えるだけでどちらにも対応できるものがいろいろ出ています。

家庭用脱毛器も種類がたくさんあってどれを購入していいのか迷うことも多いですが、ぜひたくさんのクチコミを参考にすると間違いありません。
良いコメントだけでなく悪いコメントにも必ず目を通すようにしましょう。

もし脱毛を一度もしたことがない場合は、キャンペーン時期を狙って一度脱毛サロンで体験してみるのもおすすめです。
キャンペーンの内容にもよりますが数百円という料金で脱毛ができますからね。